転職の必要性

転職は、職を変えることを意味します。
成功すれば、新たなビジネスチャンスや、新しい出会いなどを手にできます。
しかし、転職に失敗すると、現在の会社で得られるビジネスチャンスと、元の職場を失います。
その両者を天秤にかけ、リスクヘッジをした上で、転職活動をしましょう。


転職は、事業を立ち上げる事よりリスクは低いですが、基礎知識を1から仕入れる必要がある、人間関係の再構築が必要など、ある程度の勉強が必要です。
日本においては、転職市場は35歳が限界とされ、それ以降は、「未経験者」としての転職ではなく、「エキスパート」としての転職が一般的です。


米の金融会社やITなど、高収入が得られる業種は、とても競争率が高く、勝ち組企業と負け組企業の明暗がはっきりと分かれています。
金融や会計、法務などの専門スキルがない限り、確実な成功を手に入れることは困難です。
混沌する世界情勢において、転職先の企業が、その人を受け入れる経営体力があるとは限りません。
時流を捉え、チャンスにしがみつく勇気を持ちましょう。


転職活動は、相手に信頼されていれば、必ず成功できます。
あなたの腕を必要としている起業は、世の中にたくさんあるでしょう。
国内での職務ばかり意識せず、海外での転職も視野に入れましょう。


日本の高い技術力は、世界中で高い評価を受けています。
日本の勤勉さや真面目さを歓迎されている企業家も多いでしょう。
語学を勉強して、異業種や世界での活躍を目標にすると、モチベーションが高まるでしょう。

Copyright © 2014 異業種への転職! All Rights Reserved.